読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の回り道

人生には三つの坂がある、「上り坂」「下り坂」そして「まさか」 (^^)

GIVI E22Nサイドケースのインプレ

単車

やっと両側にサイドケースを取り付けて、荷物を入れて1泊2日の四国ツーリングに行ってきたのでインプレなどをしてみたい

 

積載について

①容量22llit/個と少ないがホンダ純正のような内側に変な出っ張りがなく詰め込み易い

②上限積載質量は最大5kgとのことだが衣類や合羽くらいなら余裕でOK、今回は両方本体込みで7.8kgの質量

③蓋が上開きなので荷物の出し入れがらくらく

f:id:Shidenkai:20150923214335j:plain

 

持ち運びについて

①ハンドル形状が良くて持ち運び易い、また本体も軽量

②取付ステーからの取り外しは付属キーを「R」の位置にして押し込む方式だけど動きが渋いので、蓋を開けてストッパー部を指で押し込む方が楽に取り外せる

f:id:Shidenkai:20150923214400j:plain

 

運転特性について

①特に大きな変化はなく、リア部の重量が増えたためリアサスの動きが「しっとり」とした感じ、突き上げ感が緩和されている様子

②取扱説明書記載では装着時の最高速度は120km/hとのこと、今回140km/hまであげてみたが操縦安定性には影響はなかった。ただ、道路のギャップ等で車体に大きな揺れやショックを高速走行時に受けた場合には、取付ステー部の爪一個でケースを固定しているので脱落等の危険が想定される(ケース下部にはステーのボスに引っ掛ける溝が一応2ヶ所はある)

f:id:Shidenkai:20150923214645j:plain

 

その他

①このケースは安価で軽量というメリットと本体強度や取付強度に不安な面も持つというデメリットがある

②本体ABSの厚みが薄く、取付ステーへの装着時にABS樹脂がゆがみやすく、長期間の使用での耐久性が心配。荷物を入れての蓋開閉でも受け側板がゆがみ、ちょっと手で押さえてやる必要あり

③取付ステーがパイプ構造のため転倒時に変形がある。実は8月の台風時に単車が転倒してステーが変形してしまった(ケース未装着状態)HondaDreamで特大バールを使って変形を修正してもらったが完全には修正できず、ケース取付時にコツが必要になった

④本体のみを床においての蓋開時には安定性がなく倒れてしまう、荷物を入れてても倒れるのでせっかく塗装した蓋の一部分が剥げてしまった。。。トホホ

 

所見

本体+ステー類+自家塗装費用でも純正品の半分の投資で購入できるのは素晴らしい。また上開き蓋の便利さは◎、ただし安価ゆえの強度不足や耐久性を念頭においておかないといけないね。今回のツーリング時は、ダミータンク部は空状態でのインプレです。一度使うとツーリング時には手放せなくなりそう、荷物が少ないときは片側だけ装着して使ってます、ダミータンクの開閉はエンジンキーの抜き差しがめんどくさかったけどこれは別キーでポケットにいれておけば簡単に開閉できて凄く便利です。まぁコストパフォーマンスはいいよね!買ってよかったです